秘密のデートスポット!三倉岳山頂から眺めるハート型の街☆90min

「次のデートは絶対決めてやる!」

「記念日には特別な思い出を作りたい!」

お望みをかなえましょう!

竹市の北に三倉岳(みくらだけ)という山があります。ロッククライミングの聖地として以前より有名で大会の会場になっているオブジェもあったりします。

IMG_2485 (1)

IMG_2488IMG_2487 (1)

 

がり口には9時にオープンする三倉岳休憩所があります。9時より早く上りたい人は自由に登っていいみたいです。いろんなブログには登山届けが必要とか書いてあったんですが、実際行ってみると特に必要ないようですね。なので9時まで待つ必要は無かったようですw管理人にあーーーええよええよといわれましたw

IMG_2491

今回はBコースを往復で帰ってくるシンプルなプランにしました。

IMG_2490 (1)

他にもきついコースと回り道するコースとあるようなのであた行ってからのおたのしみにしておいてくださいね。

IMG_2492

 

最初はすごくなだらかな道筋ですよ!

 

IMG_2493IMG_2494

 

道の横には切り倒した木などがダイナミックに転がっています。

IMG_2495

4合目小屋と書いてますが見当たりませんでした。このあたりまでで大体20分くらいでしょうか。

IMG_2497

この辺からはひったすら高さのきつめの石段+階段でした。この段組が急角度で一定ペースであがったのですが、心臓がどくどく響き続けてる感じでしかも一人であがっていたのでなにかあったらケータイも電波が脆弱じゃし、無理せずにゆっくりやすみながら上がりました。特に夏季の暑い盛りの場合気をつけてくださいね。画像とおり、木々が茂っているので木漏れ日が注ぐので炎天下にはならないと思うのでそこはご安心ください!

IMG_2505

途中横にはロッククライミング用の岩壁もあるので好きな方はそちらを通られるのでしょうねえ!私には完全に不可能です。。

IMG_2496

おもしろい大竹の民話・神話・言い伝えもあったので楽しめました。

IMG_2507

さて頂上付近に到着しました。今回は朝日岳のみに挑戦しました。奥には足元注意の赤い立ち入り禁止札があります。さあ右手に進みましょう。

IMG_2509 (1)

ってこの道!?山道というかもうもはや道じゃねえっす。。

IMG_2510

こう木の根っこ掴みながら登る感じです。

IMG_2516 (1)

後ろを見ると断崖だったので高所恐怖症の私には刺激的でした。。

IMG_2512

そして到着。そしてお目当てのハート型の街を探すと・・・。ありました!!IMG_2513

綺麗に田んぼの稲穂の形状がハート型に見えますよね!秋になると黄金のハート型がみえるっていうことなんでしょうね。下の登り始めの地点から草刈り機の音が聞こえてきたので近いのかと思って調べたら、標高は700m近くにもなるので静かな証拠ですね。到着まで50分でしたが、ペースとしては早すぎるくらいだったのでもう少しゆっくり楽しみながら登ってみるといいと思います。

正直体力と、高所が怖かったため他の二つの連山を登ることをしませんでした・・・。夏季にもう一度チャレンジ予定があるので楽しみです。さて下山しながらも撮影したところ

IMG_2506

こんな木をくぐる場面や

IMG_2501 (1)

石を積んであったりしましたので、余裕がある人は探してみてくださいね。

IMG_2499

IMG_2498 (1)

下山すると三倉岳休憩所が開いていたのでいってみました。

IMG_2815IMG_2816IMG_2520 (1)

 

この管理人さんは5匹の猫を飼っているようで、中で自由にねそべってる猫氏がかわいかったです。手作りの梅ジュースがあったのでおいしくいただきました。春の時期には山開きのイベントもあるので来て下さいね、とやさしくお誘いを受けてうれしかったです!

近は外国人の利用も多いようです。炊事場があるキャンプサイトは申請すれば無料で利用できるので人気だそうで、バーべキューを楽しんでるようです。時間がある人にはちょこっと遊びにいいかもしれませんね。

山道では野外活動中の小学生たちともすれ違ったので、小さい子供たちにも登れることがわかりましたし、シニアさんともすれ違いました。高さにはビビリましたがそれ以上に開かれた山でクライマーのみならず登山者からも愛される山なのでしょうね。

山頂から見えるハート型の街を見るために男女で登るのなんていいかもですねえ!!

IMG_2521 (1)猫氏。。。

 

 

私が登ったのは写真で言う右側です《朝日岳)》

中央が《中岳》 左が《夕陽岳》です。みなさんはぜひチャレンジしてみてください!

IMG_2517

 

ENJOY


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA