ダムカード!?オススメ遊び場弥栄ダムで交付中!

ダムカード

ダムカードとやらが今年も7月21日から弥栄ダムの管理事務所にて配布がスタートいたしました。と言うのももわたしもあることすら知りませんでした。このカードと言うのは「ダムに行った記念となるカードのようなものがあるといい」と意見が上がったようで全国で配布が2007年からスタートしています。現在全国でなんと400種類以上あって、ダムマニアの人たちで賑わっています。さっき見たらツイッターではダムカードがオークションで売買されておりますわ。。というわけで先日弥栄ダムに無料の水族館があると耳にしたので行ってきた際に案内をもらいました。

IMG_2532

意外なことに全国にはダムが好きな人たちはたくさんいて芸能人でもタモリ・長瀬智也・石原良純らが有名と。しかも東京では1年に一度「ダムアワード」「ダムナイト」なるものが企画されてZEPPTOKYOを借りて大々的にイベントを行ってるんですって!すごいことですね。。知らない世界があるものです。去年も放流賞・イベント賞・プロジェクト賞・洪水調節賞・ダム大賞・と表彰されてまして残念ながら弥栄ダムの名前はありませんでした。一部のフリークさんたちのおかげで盛り上がってます!弥栄ダムの属する国土交通省中国地方整備局では、中国地方の各ダムで配布しているダムカードを集めると、枚数によって「中国地方ダムマニア認定書」を交付するイベントを2014年に実施しているんですね。その成果からプロジェクト賞の表彰を受けております!おめでとうございます。

さあということで2015年もダムカードの配布が始まっています。

案内を見てみましょう!

IMG_2605

 

まずはダムカードの説明が書いてますね。枚数に寄って「中国地方ダムマニア認定書」がもらえるんですね!

IMG_2606

コンプリートコース (72種類)

レインボー(超級)コース50種類以上

ゴールド(上級)コース20種類以上

シルバー(中級)コース10種類以

ブロンズ(初級)コース5種類以上に分かれてるんですね。

期間は27年7月21日~8月31日 平日の9:15~16:15 (土日祝日は宿直室配布) の間なのでご注意を!てかダムこんなに廻れる!?w

IMG_2607

最後はチェックリストなのですが、小さくてすいません!でもまあA4用紙に詰め込んでるので肉眼でも読みづらいっす 汗

ダム資料館・無料水族館

弥栄ダムは積極的な見学者の受け入れも行っており、敷地内には資料館もあります。そこには無料の小瀬川水系に住む魚たちの水族館もあるの夏休みにはダムカードと水族館で家族でお金掛からず遊べそうですね。ついでなのでそちらも紹介しておきましょう。

IMG_2609

エントランスには池があって鯉と金魚が仲良く泳いでいます。この池もある程度広いので眺めてるだけで楽しいです。

IMG_2610

階段をあがると到着です。自由見学でもちろん無料です。なかは涼しい冷房が効いていて本当に涼しい!

IMG_2611

入って右手に水槽が並んでいて魚たちが泳いでいます。川魚独特のナチュラルな色合いが綺麗で癒されます。

IMG_2612

IMG_2613

IMG_2614ここにもダムカード情報が!

さな子供でも飽きないくらいの資料館なので十分楽しめます。ここは本当に穴場だと思いました。人の数は少ないですし、外には無料駐車場も広いしトイレも完備されています。中も涼しいのでゆっくりできます!また遊びに行こうと思います。

 

て大竹市はもとより近隣の廿日市市・和木町・岩国市・柳井市までの水がめとして活躍している弥栄ダムは1991年に完成しました。私の小さい頃にはまだ弥栄大橋の下を掘削中で水も無く上から覗き込むのが怖かった覚えがあります。ダム建設に伴っては沈んだ集落もあって、水位の低下している時期だと昔使っていた橋が姿を現したり、時代を感じるものもあります。

れまでは小瀬川は洪水の被害が多くて現在建設中の両国橋も流された経緯を持つため、治水は念願だったわけですね。単にダムがあるわけじゃなく願いや祈りを込められて、結果ダムが建てられた。そんなとこでしょうか。

日まとめますが先日この小瀬川をゴムボートで川くだりをしてきました。素晴らしい景色でダムと一緒で気づかれなかった観光資源だと思います!コンビナートがあって大竹市は工業の街だと言われていますがマニアックに遊ぶ場所は山ほどありそうでっせ、どんどん掘り起こしていくのでお楽しみに~。Uターンで帰ってきた身としては今まで気づかなかった魅力に出会えてることがうれしいものですね。

IMG_2553 (1)

 

(川くだりの一場面)


ダムカード!?オススメ遊び場弥栄ダムで交付中!” への7件のコメント

  1.  弥栄ダム建設に携わったのは昭和59年春から昭和61年末まででした。24時間体制の巨大現場で、若い自分にできることは駆け回ることだけ。。。
      先日30年目にして、初めて完成した姿に会ってきました。
      感慨無量でした。下流の安条地区から昇る朝日と、仕事の休憩時に眺めた周囲の花崗岩の白い山肌は変わることなく迎えてくれました。
     

    • さすらいの道産子さん
      こめんとありがとうございます。
      現在広島・山口の水瓶として弥栄ダムは活躍をしています。
      水害もなく安心して生活できています。
      それにしてもまさか建設に関わってらっしゃったとは思いもよりませんでした。

  2. こんばんは

    大竹市街の食堂のご主人と女将さんには大変お世話になりました。
    先日、弥栄を離れて2回目、、、21年ぶりに訪ねました。30年前と変わらない店の佇まい。。
    ホルモン定食、、沁みました。。。。

    私が繰るレンタカーの姿が観えなくなるまで、見送ってくれた女将さん。。。。。

    • さすらいの道産子さま

      返信ありがとうございます。
      いいお話を聞けました、またどうぞお越しくださいませ。

      ほかにも気になることがあればお調べしますのでおっしゃってくださいね。

      • ありがとうございます。

         先日資料館を訪問した際に、ダム建設によって立ち退きを余儀なくされた皆様がどれほどあったか知りたかったのですが、係るコメントはされていなかったようです。
        教えていただければ幸いです。
          狭い小瀬峠を通って、九州方面へ、新岩国駅へ、和木のフェリー乗り場に行ったことも懐かしく、先日懐かしい小瀬峠を30年ぶりに走りいろり山賊に行ったのは言うまでもありません。。。。。。。

        • ダム建設に際する立ち退きですが、実は私も調べているのですが資料がありません。大竹市史に加えて
          美和町史も紐解く必要がありそうです。やはり興味を持つ内容が似ておりますね。
          またわかり次第こちらに掲載してみようと思います!

  3. ありがとうございます

    よろしくお願いいたします。

    美和町から通っていた元同僚の庭には、私の実家にあったスズランが、今でも咲いているでしょうか。。。。。(ひとりごと)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA