大竹市のふるさと納税返礼品を調べてみた

いまなにかと話題のふるさと納税の返礼品ですが、わが大竹市の実情も知りたかったので調べてみました!

確か2年前に私がUターンで帰ってきたときにはふるさと納税の仕組みが

まだ大竹市の取り組みになくて対応おせーなーと思っていたのを思いだします。

今回調べてみたところこの期間にしっかりページも立ち上がっており、選べる商品群もかなり多くラインナップされております。

すべてを列挙するのは難しいのでアドレスを貼り付けますね!

なかには面白いものがありますね!

「お墓清掃代行」

★インターネット申込限定★ 故郷を離れているあなたに代わりに、お墓参りをいたします。 大竹市内の墓地(一区画)で、まず合掌を行い、清掃、心こめて合掌いたします。尚、作業の「報告書」として、前・後の写真撮影して送付いたします。 ※お申込確認後、シルバー人材センターからご希望の期間・お墓の位置等の確認の為、連絡致します。尚、天候により実施できないことがありますのでご了承ください。

1万円の寄付でこのサービスを受けられるようです。シルバー人材サービスとの連携と、郷土愛をくすぐるような面白いメニューだと思いました。(ほかの自治体では当然なのかもしれませんが・・・)

「人間ドック」

広島西医療センター人間ドッグ PET/CTが ん・脳ドッグ・生活習慣病コース【ネット限定】 PET/CTに脳ドッグと生活習慣病コースを加えた2 日間コース【広島西医療センター

 

これも面白いですねこちらは40万円の寄付と超高額ですが、どのような方が利用なさるのか気になるところです。

 

さて、先の総務省の発表で返礼率の制限が発表されました。返礼率が金額に対して高すぎる場合は是正を促すとのことでしたが大竹市の場合。。

最後に一文ありました。。

以下

 

平成29年4月1日付けで,総務大臣より「ふるさと納税に係る返礼品の送付について」の通知があり, 資産性の高い返礼品や,返礼品の調達額が寄附額の3割を超えるものについては,出展の見直しをしてい ます。 【AJ10 有名蒔絵師が描く至高の万年筆 一生の一本に!大竹和紙のレターセット】(寄附額500, 000円)は,平成29年4月4日をもって出展を取り下げました。返礼品の調達額が寄附額の3割を超 える【AK02 宇恵喜お食事券7,000円相当分】(寄附額20,000円),【AL02 魚池お食 事券7,000円相当分】(寄附額20,000円),【AN02 メープルシティお食事券7,000円 相当分】(寄附額20,000円),AL03 魚池お食事券11,000円相当分】(寄附額30,00 0円)についても,平成29年4月7日をもって出展を取り下げました。 また,国通知により返礼品の価格の表示についても非表示としましたので,ご理解をお願いいたします。

以上

とあります。有名蒔絵師の至高の万年筆とやらが5000000円というのにまず驚きですが3割以上の価値なのかそれとも資産性が高いと認定されたのか(おそらく後者でしょうが)不明ですが大竹市もご他聞に漏れず対応をせざるを得ないようですね。

まあ本来の意義からずれないように今後もふるさと納税の仕組みが周知されればいいと思います。変にお得だからと言って寄付をするようなよくわからないことにならないようにしてほしいものですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA