空き家をリノベは楽しく無駄なく!

 

長い間更新していませんでしたが、アクセス数はありがたいことに伸び続けております、おそらく大竹市・岩国市その周辺に対してのおもろい情報を求めてのことだと勝手に

考えて書き続けようと思います!

今回はわが城の壁をぶちぬいて日差しが入りやすく明るい空間にするためにイベント化をしましたその名も「壁のミクス!」ネーミングがいいかはさることながら当日は

西宮市で古材問屋とデザイン会社を経営する社長と地元にUターンしてきた整体師さんと政治家さんが参加してくださいました。(壁のミクスとは無縁の政党でしたすいません・・・。)

ありがたいことに社長は古民家の再生を事業とされているため、土壁のすばらしさや旧来工法の優れた点をとても丁寧にせつめいしてくださいました。

 

 

まずはレクチャー、代表もきちんと聞いています。

ためしに漆喰をはがしてみましょうとスクレーパーでやってみせてくれましたがさすがプロ!現場作業ができる建築士、さすがです。

ストレス壁もきれいになりました。

あとは漆喰と土壁を分けて保管すればいいよとアドバイスがありましたからがんがん作業をすすめます。

日ごろの鬱憤をハンマーにこめてたたき続けます。このハンマーも地元の工務店の社長さんが貸してくれました。ありがたいことです。田舎の社会は互助で成り立ってることを改めて実感しました。

とそこに政治家先生も参加して汗を流してくれます。

昔の壁で生活をしたことがある世代の先輩はやはり構造を理解していることもあり

作業が早いです!かれこれ2時間程度でだいたいぶち壊せました。

 

最後は入り口の竹小舞をはがして完了です。

まだ掃除が終わっていないのできれいな写真はありませんが今後お知らせをしますね。

さてこういうリノベや場所作りに興味がある人はいませんか?遠方でも結構なので仲間作りに励んでおりますのでまたご連絡いただけたらうれしいです。

今後大学との連携もできそうな気配なので着実におもろい場所を岩国に作りますよ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA