《注目》10月1日から広島・山口の最低賃金があがりますよ!

 

全都道府県で地域別最低賃金の改定額が答申されました。

聞くところによると10月1日より最低賃金の改定が全国の都道府県によってなされるようです。

広島県最低賃金額改定ですが今回で769円になります。

最 低 賃 金 額 の推移は 710 円 719 円 733 円 750 円 769 円となり

対前年度引上げ率でいうと 0.85% 、1.27%、 1.95%、 2.32% 、2.53%

対前年度引上げ額 の場合6 円 9 円 14 円 17 円 19 円と上昇傾向にあります。

 

さて大竹市の横の山口県は731円になります。山口県の場合前回が715円だったので16円上昇です。

広島・山口県の県境の大竹市はもちろん広島県に属しますが、大きな都市で言うと岩国は山口県ですしね。こんなことで悩む人は少ないと思いますがご参考までに!

 

ちなみに全国平均は798 円です。最高は東京都で907円。最低が鳥取県を含む693円です。

サンプル

広島と東京で比較した場合同じファストフードチェーンで平均賃金で雇用された場合を仮定して、業務を週3日8時間勤務で1ヶ月で12日実施した場合、同業務であっても、広島、東京で月額13,248円の差が生じてくることになります。1年換算した場合158,976円の差となればかなりの差を感じるはずです。これを物価換算しても妥当なのか同なのかというのが気になるところですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA