岩国市愛宕山にできる野球場は由宇球場の代わりになる??

平成27年度完成予定を目指して岩国市では愛宕山を開発し整備を実行しています。

医療防災の拠点としての大きな役割を果たしていくのだろうと推測できます。岩国医療センターはすでに新築が同地へ移動が済み、運営がなされています。

そしてその近隣に岩国商業高校・高水学園・岩国短期大学の間に当たる地に運動施設エリアが出来上がる予定としているので少し調べてみました。

kyuujo

 

 

aa

こちらが完成予想図です《広報誌からいただきました》岩国市役所の1階のエントランスに模型が飾ってるようですので詳しくは足を運んでみてください。

そして注目の野球場ですが、大竹市の晴海沖と比べるわけではありませんがきちんと準拠されています。大竹の場合野球場の形をした競技場ですから野球場としての登録は無いようです。

こちらの球場は公認野球規則の規格に添っています。岩国市民球場の変わりにきちんと公式の高校野球の予選や大会・プロ野球の試合を開催できることになります。

両翼100mでセンターまで122mで外野は天然芝です。観客席は内野側で5039席あり、外野の自由スペースには3000人収容可能。当然ナイトゲームが可能です。スコアボードもフルパネルでLED採用です。

施設は他にもダグアウト・更衣室・シャワー室・放送室・屋外ブルペンもあります。

この球場の周りには陸上競技場・ソフトボールの球場・バスケット・バレーボール・テニスの競技スペースもあります。そして駐車場は野球場側に440台そして陸上競技場側に187台を予定していてかなり大規模になることが予想されます。

広島カープの由宇球場が山奥にあったりで球界の秘境といわれているくらいですから→《カープ女子多数!「球界の秘境」由宇練習場にいってみた!たまにはこちらの球場を使っても面白いかもしれませんね。また岩国地区の球児たちには公認の試合ができるスペースが近くにあって喜ぶことでしょう。自然の保護の問題もたくさんあったようですが現在岩国市は歩みを始めていますので応援したいものです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA