古民家鑑定士の過去問掲載!しません!

今日は日記でーす興味ない人ごめんなさい↓

古民家鑑定士

先にこれより受験を目指す方にお伝えしておく!

時間が無い。以外に難しい。そして問題文章のつくりが甘い(読み取りづらい)

自身10時間かけて公式テキストも読み終えたし、試験自体甘く見ていたわけではありません。試験当日は70分一本勝負

公式テキスト持ち込み可能にするほど出題範囲が広いです。そしてまず公式テキストが「税込み6480円」の600ページときたもんだ!!

 

たぶん予想としてはこのサイトに行き着いた人は普段建築業務に携わっていて、社長やらに社長:「君ちょっと古民家鑑定知ってのがあるから取引先に紹介されたのもあるし勉強して資格認定もらってきてよ。」

YOU「わかりました、テキスト・受験費用経費でいいですよね?」

社長:「・・・。」

みたいな流れもあってしゃーなしで受験してる人もいるでしょう。特に普段から業務に携わっていたら、自信も知識ベースもあるでしょうし明日受験で内容だけwebで確認しておくか。っていう心持ちのあなた!

足もとすくわれまっせ(´;ω;`)

私も一週間前くらいから過去問をベースに受験を考えていましたがいいサイトもないしテキスト読み込みに切り替えて受験してこの有様です。

しかも!前の席の人いわく午前中の受講した内容の付箋をまったく活用できなかったとのこと!私は所用のためこの15000円位する授業を受けていません。。前の席の二人は建築関係の方でしたが、結果が厳しいと言っていました。

わたくし、やはり受験をした身としては協会さんに迷惑をかけたくないので現地回収される過去問を思い出して公開するなんてことはできません。

が、コツや気構え問題文のクセはお伝えしてもいいんじゃないかとおもいます!それはなぜかと申しますと「仲間を増やしたい」からです。古材を使ったリノベーションに取り組むせっかくのきっかけなのできちんとものにしましょうよ!矛盾している箇所もあるかと思いますが数点お知らせしておきますね!

試験内容

調べている人はお分かりかと思いますが、70分で90問解きます。(平均45秒くらい)最初の30問が「総論」次が「伝統工法」最後に「在来工法」の3部門に分かれています。すべてマークシートでYES・NO式です。ずっとひねりも無くYorNの丸のどちらかに記入をする形式です。

ちなみに問題用紙は受験番号と記名をして回収されちゃいます。自己採点にY/Nを書いていってたのですが途中受験者から質問があって監督よりアナウンスがありました。

受験票はちら見程度で回収されませんでした。(大丈夫なのか・・・。)

合格判断は

総論+伝統=2級伝統取得

総論+在来=2級在来

総論+伝統+在来=1級

伝統+在来=再受験 

総論=再受験なので注意が必要です。前半満点で後半3割強なら意味がないということです。目指すなら1級でしょう。そう考えていたら1問目から丁寧に資料を紐解いていると時間が足りなくなります

問題内容は   例「○○の古民家の特徴は××だ」みたいなオーソドックスで安心してしまうような内容もあれば「この継ぎ方法が有効なのでこう施工した」というテキストをそのまま絵にした部分を問題文にしているものもあります。

あとY/N問題なのできちっととしているかと言うと問題文の数値が約○○とされていたりY/Nと判断しづらい部分が多々あります。問題テキストも改版されたばかりですので気になるのであれば都度試験中にも効いていいとおもいます。

イラストを使用した問題はありませんでした。

あるサイトにはテキストページ順に問題がなっていると言われてまんまとやられました。チリジリでした。というか順番なのかも知れませんが感じませんでした。これは私が買ったテキストが新版だからなのかもしれませんが、それなら新版にあわせて問題を作ってもらいたいものである!(´;ω;`)

受験終了10分前にはアナウンスしてくれて助かりました。。あれなかったら100点目指して丁寧に解いてました。。

午前中講習をうけたひとも言ってるように結局はテスト中は知識で解くのみならず事務作業王決定戦のようにテキストのこの辺にこの内容が掲載されていたことを記憶して紐解いて正誤を正していく作業になっていきます。

そうなるともう知識よりもワードで巻末から索引使ってガンガン辞書引きしていくような感じを呈していくのでなんかよくわかんなくなってきます。。

なので!とにかく一度テキストは読んでおくことをお勧めします。 以上!

試験に臨むにあたってはボールペンでは訂正できないので鉛筆やらその他を用意しましょう。受験票には筆記用具としか書いてありません。

終了後試験監によると70パーセント正当で合格と言うことでした。吉報を待つしかなさそうです。合否発表は受験日翌月の10日web発表なのでお忘れなく。

受験料は9000円ですのでなんとしても一度で合格しておきたいものです!!

健闘を祈ります!

ENJOY

 

追記2015年10月

1級合格いたしました!みなさんの検討を祈ります!

FullSizeRender (1)


古民家鑑定士の過去問掲載!しません!” への2件のコメント

  1. 1級合格、素晴らしい!
    大変参考になりました。
    ありがとうございます。

    私は、8月受験予定でしたが、テキストを読み始めたところ
    数日では理解できないと思い、10月に変更しました。

    そして、対策について調べようと思い検索しましたら
    こちらに、訪問できました。

    私は、まだまだですが、1級目指して頑張りたいと思います。
    ありがとうございました。~感謝~

    • お疲れ様です!

      勉強大変ですよね汗

      これを取得してからは街を見る目が変わりました。楽しい資格ですので
      ぜひ合格して、活用してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA